宮本誠司行政書士事務所

社会保険労務士宮本事務所

合同会社モデルイノベーション

〒861-8005 熊本市北区龍田陳内3-3-55

📞096-288-0853 📠096-339-0521

初回相談無料



標準報酬月額の対象となる報酬とは?


 賃金、給料、俸給、手当、賞与などの名称を問わず、労働者が労働の対償として受けるすべてのものを含みます。

 また、金銭(通貨)に限らず、通勤定期券、食事、住宅など現物で支給されるものも報酬に含まれます。

 ただし、臨時に受けるものや、年3回以下支給の賞与(※年3回以下支給されるものは標準賞与額の対象となります。)などは、報酬に含みません。

  金銭(通貨)で支給されるもの 現物で支給されるもの

報酬と

なるもの

基本給(月給・週休・日給など)、能率給、

奨励給、役付手当、職階手当、特別勤務手当、

勤務地手当、物価手当、日直手当、

宿直手当、家族手当、扶養手当、休職手当、

通勤手当、住宅手当、別居手当、早出残業手当、

継続支給する見舞金、

年4回以上の賞与     など

 通勤定期券、回数券、食事、

食券、寮、被服(勤務服でない

もの)、自社製品  など

報酬と

ならない

もの

大入袋、見舞金、解雇予告手当、退職手当、

出張旅費、交際費、慶弔費、傷病手当金、

労災保険の休業補償給付、

年3回以下の賞与      など

制服、作業着(業務に要する

もの)、見舞品、

食事(本人の負担額が、厚生

労働大臣が定める価額により

算定した額の2/3以上の場

合)    など

 

賞与について

 ・健康保険・厚生年金保険の毎月の保険料と同率の保険料を納めます。

 ・事業主は、賞与の支払いがあったら、その支給日から5日以内に「賞与支払届および賞

  与支払届総括表」を提出しなければなりません。

 ・同一年度内に、被保険者資格の取得・喪失があった方で、標準賞与額の累計が573万円

  を超えた場合は、「健康保険 標準賞与額累計申出書」の届書も併せて提出しなければ

  なりません。

 

 「標準賞与額の対象となる賞与」→賞与、期末手当、決算手当、その他いかなる名称であ

                 るかを問わず、労働者が労働の対償として受けるもの

                 のうち、年3回以下の支払いをいう。

 「標準報酬月額の対象となる賞与」→年4回以上支払うもの。