競争入札参加資格審査申請(工事)代行 in熊本

♯イノベーショングループ

 行政書士法人アドミンイノベーション(略称アドミン)/社会保険労務士宮本事務所

〒861-8005 熊本市北区龍田陳内3-3-55

☎096-288-0853 📠096-339-0521

行政書士 田上晶浩

行政書士 社会保険労務士 宮本誠司



競争入札参加資格審査申請(工事)


 熊本県及び熊本県内の各市町村が発注する工事契約に係る競争入札繕契約を除く。)に係る一般競争入札及び指名競争入参加希望検討されている事業者様やすでに参加資格は得ているものの変更届の提出など書類作成の準備をする時間がなかなか取れないという場合は、行政書士法人アドミンイノベーションがお役に立ちます。お気軽にご相談ください。

 

           〒861-8005

           熊本市北区龍田陳内3-3-55

          行政書士法人アドミンイノベーション

           (略称アドミン)

           ☎  096-288-0853 📠 096-339-0521

ユキマサくん     ✉ 7027sm@gmail.com  24時間受付中

           担当:行政書士  田上

            📱090-3070-7108

                        対応時間 月~金 8:30~18:00

                              土 9:00~12:00 

工事等競争入札参加資格申請に必要な条件

〇熊本市の場合

※他の市町村もほぼ同じような基準のもとに申請することになります。

※ただし、受付期間が各市町村によって異なりますので注意する必要があります。

※以下平成29・30年度の申請の場合です。平成31・32年度では提出書類の一部が変わるかもしれません。

 

〇申請の受付時期

熊本市の場合→例年12月1日から翌年1月31日までとなっています。※各市町村によって時期が1月、2月などになっているケースもあります。


【参加者の資格 】

  1. 地方自治法施行令第167地方条の4第1項各号及び熊本市工事競争入札参加者の資格審査及び指名基準に関する規則第2条の規定に該当しないものであること→  ※(地方自治法施行令第167条の4)

     ○ 普通地方公共団体は、普通地方公共団体は、特別の理由がある場合を除くほか、一般競争入札 に次の各号のいずれかに該当する者を参加させることができない。 ① 当該入札に係る契約を締結する能力を有しない者 ② 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者 ③ 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 (平成3年法律第77号)第32条第1 項各号に掲げる者

    ○ 普通地方公共団体は、一般競争入札に参加しようとする者が次の各号のいずれかに該当すると 認められるときは、その者について3年以内の期間を定めて一般競争入札に参加させないことが できる。その者を代理人、支配人その他の使用人又は入札代理人として使用する者についても、 また同様とする。 ① 契約の履行に当たり、故意に工事、製造その他の役務を粗雑に行い、又は物件の品質若しく は数量に関して不正の行為をしたとき。 ② 競争入札又はせり売りにおいて、その公正な執行を妨げたとき又は公正な価格の成立を害し、 若しくは不正の利益を得るために連合したとき。 ③ 落札者が契約を締結すること又は契約者が契約を履行することを妨げたとき。 ④ 地方自治法第234条の2第1項の規定による監督又は検査の実施に当たり職員の職務の執 行を妨げたとき。 ⑤ 正当な理由がなくて契約を履行しなかつたとき。 ⑥ 契約により、契約の後に代価の額を確定する場合において、当該代価の請求を故意に虚偽の 事実に基づき過大な額で行つたとき。 ⑦ この項(この号を除く。)の規定により一般競争入札に参加できないこととされている者を 契約の締結又は契約の履行に当たり代理人、支配人その他の使用人として使用したとき。

  2. 建設業の許可を受け、かつ平成30年度(31,32年度の場合)の経営事項審査( 審査基準日が平成29年10月1日~平成30年9月30日)を完了した者(経営起後藤評価申請書に審査済印があること。)※ただし、経営事項審査において完工高がない業種および水道施設工事において配水管技能者(耐震)登録を行っている者がいない場合は登録ができません。

  3. 熊本市が締結する契約等からの暴力団等の排除措置要綱(平成18年告示第105号)第3条第1号に該当する者でないこと。

  4. 社会保険等(健康保険、厚生年金及び雇用保険)の未加入事業者(法令により適用除外とされている場合を除く。)でないこと。

【 提出書類 】

  1. チェックリスト
  2. 申請書※電子申請で行う場合は、当該様式に代えて電子申請で提出した申請書を提出すること。
  3. 営業所一覧表
  4. 調査票※電子申請の場合のみ
  5. 信用印鑑届※電子申請の場合のみ
  6. 誓約書
  7. 案内図
  8. 経営規模等評価結果通知書兼総合評定通知書の写し※通知書が届いていない場合は、経営事項審査申請書の写し(受付印のあるものに限る。)を提出し、後日通知書が届き次第速やかにその写しを提出
  9. 建設業許可申請書類の「専任技術者証明書」の写し※変更があった場合は、変更届の写しも提出
  10. 商業登記簿謄本(法人)または住民票抄本(個人)
  11. 財務諸表(経営事項審査の提出様式で可)※法人は貸借対照表、損益計算書及び利益処分に関する書類、個人は貸借対照表、損益計算書
  12. 印鑑証明書 原本3か月以内のもの
  13. 労働保険料納付済証明書
  14. 技術者に関する書類※該当する者のみ提出※経営事項審査後に技術者の変更があり、経営事項審査提出書類「技術職員名後」の写しに朱書きで追加・訂正した技術者の雇用、離職及び資格が確認できる書類の写し。(登録工種以外の資格は記入不要。)※配水管技能者(耐震)登録名簿に記載がある技術者の配水管技能者登録証の写し。また、経営事項審査提出書類の「技術職員名簿」の写しに該当す技術者の記載がない場合は雇用が確認できる書類の写し。※各種資格保有技術者数に記載された技術者の資格が確認できる書類の写し。また、経営事項審査提出書類の「技術職員名簿」の写しに該当す技術者の記載がない場合は雇用が確認できる書類の写し。
  15. 経営事項審査提出書類の「技術職員名簿」の写し※変更があった者は、朱書きで追加・訂正すること。
  16. 1級技術者確認表※熊本市内に本店がある業者で、土木一式工事・建築一式工事・電気工事・管工事・舗装工事・造園工事・水道説工事の7業種の登録希望の者のみ提出
  17. 主観的数値の算定に係る状況確認申請書※熊本市内に本店がある業者で、土木一式工事・建築一式工事・電気工事・管工事・舗装工事・造園工事・水道説工事の7業種の登録希望の者のみ提出
  18. ボランティア活動等への参加状況報告書※熊本市内に本店がある業者で、土木一式工事・建築一式工事・電気工事・管工事・舗装工事・造園工事・水道説工事の7業種の登録希望の者のうち、項目に該当する場合のみ提出
  19. 配水技能者(耐震)登録名簿※水道施設工事登録希望者のみ提出(配水管技能者(耐震)登録を行なっている者がいない場合は、水道施設工事の登録は不可。)
  20. 専任技術者一覧表
  21. 工事経歴書※経営事項審査の工事経歴書の写しは不可
  22. 営業用機械器具
  23. 市税滞納有無調査承諾書
  24. 個人住民税と口説徴収実施確認書
  25. 水道料金滞納者有無調査承諾書
  26. 資本関係・人的関係調書
  27. 社会保険等に関する誓約書
  28. 受付票
  29. 返信票封筒

【申請の受付】

  1. 熊本市の場合→例年12月1日から翌年1月31日までとなっています。※各市町村によって時期が1月、2月などになっているケースもあります。

工事等競争入札参加資格申請手続の費用

明細 金額
行政書士法人アドミンイノベーション報酬額  30,000円(税別)
変更届  
更新届