グループ代表挨拶

 〒861-8005

熊本市北区龍田陳内3-3-55

行政書士法人アドミンイノベーション

社会保険労務士宮本事務所

合同会社モデルイノベーション

☎  096-288-0853

📠   096-339-0521

⏰ 月~金 7:00~18:00

  土日相談可


 はじめまして。イノベーショングループ代表の宮本です。仰々しくも「グループ」などと名乗り、奇異に感じられる方もいるかもしれませんので、これまでの経緯を簡単にご紹介させていただきます。

 平成15年4月、脱サラをしたのは35歳、娘が生まれた年のことです。当時時給650円程度のアルバイトを転々とし、家族をどうやって食べさせていくか、これからいかに生きるか、自問自答を重ねながら出した結論が行政書士試験にチャレンジする、というものでした。大願叶い、「宮本誠司行政書士事務所」で開業したのは平成18年4月です。「困っている人の力になりたい」という強い思いがそこにはありました。そこから事業は順調に発展し、といいたいところですが、現実は正反対。苦戦の日々が続きました。それでも、少しづつ、少しづつ、前に進み、数多くの行政書士業務を経験し、たくさんの出会いに恵まれました。本当に感謝です。

 行政書士を続けていく中で厳しい経済環境を感じ始めたのは平成20年の終わりごろでしょうか。リーマンショック不況です。多くの中小企業の経営者が急激に悪くなる景気を嘆いておられました。最もしわ寄せを受けたのが末端の労働者の方。離職を余儀なくされた方がたくさんいました。漠然と、困っている方の力になりたい、との考えが「雇用」というものにフォーカスしていきました。そこで考えた結論が社会保険労務士試験へのチャレンジです。社会保険労務士として社会保障制度や助成金制度の恩恵を中小企業にもたらす触媒になりたいと考えました。夢が叶い「社会保険労務士宮本事務所」で登録したのは平成22年9月です。こちらも、業務経験のない者に会社の大切な社会保険手続きや労務管理を任せてくれるところなどは少なく、何のために、こんなに苦労して資格を取ったのか、などと考えた日々がありましたが、ご縁のあったお客様からの仕事を誠実に一つ一つこなしていくうちに、少しづつお客様も増えてまいりました。大変優秀な経営者の皆様と出会い、事業拡大とともに数多くの社会保険手続き、給与計算、就業規則作成、助成金申請等数多く経験させて頂いております。

 優秀な経営者との日常的な交流の中、経営者の方からは行政書士や社会保険労務士の業務範囲を超えた経営に関する悩みや課題を耳にすることが増えてまいりました。そして、痛感するのがわが身の経営に関する知識の乏しさです。経営に関する本を片っ端から読み漁るようになりました。いつしか経営コンサルタントになることが新たな目標となりました。この目標はいまだ道半ばです。ただし思いを形に、との主旨から平成27年3月に設立した会社が「合同会社モデルイノベーション」です。経営書を読み進む中で、これからはイノベーションを伴った新しいビジネスモデルが必要との思いを社名に込めました。こうして、「宮本誠司行政書士事務所」「社会保険労務士宮本事務所」「合同会社モデルイノベーション」の三本立てで進むことになりました。

 新たな転機となったのは平成28年4月に起こった熊本地震です。多くの知人、友人、お客様が甚大な被害を受けました。被災者の方に対し行政書士、社会保険労務士としてどんな支援ができるのか。行政書士として新たに取り組んだのがグループ補助金への活用支援です。グループ補助金は被災事業者の復旧費用を国や県が補助するというものですが、補助の条件として被災者同士でグループを組み、共同事業に取り組んでもらう、というのがユニークな点です。被災者グループへの支援は単独ではできず、行政書士でもグループを組んで、分担して支援することになりました。この時に手伝ってもらったのが行政書士の田上晶浩先生です。グループ補助金を協働するうち、行政書士法人を設立することになりました。