法定相続情報証明制度の利用をお考えの方


平成29年5⽉29⽇(⽉)から,全国の登記所(法務局)において,各種相続⼿続に利⽤することができる「法定相続情報証明制度」がスタートしました。

 

この制度を利用することによって、各種相続手続きで戸籍謄本を何度も取り寄せたりする必要がなくなりました。

 

法定相続上証明制度の利用をお考えの方

    当法人を活用してください。

 

 法定相続情報証明制度を利用したいんだが、手続きが面倒でどこから手をつけていいかわからない。

 必要書類がわからない、

 

 これらのお悩みはすべて当法人が解決いたします。

1.法定相続情報証明制度の概要

法定相続情報証明制度は,登記所(法務局)に戸除籍謄本等の束を提出し,併せて相続関係を一覧に表した図(法定相続情報一覧図)を出していただければ,登記官がその一覧図に認証文を付した写しを無料で交付します。

 その後の相続手続は,法定相続情報一覧図の写しを利用いただくことで,戸除籍謄本等の束を何度も出し直す必要がなくなります。

 

従来の相続手続では、亡くなられた方の戸除籍謄本等の束を相続手続を取り扱う各官公庁や銀行等の窓口に何度も出し直す必要がありました。

法定相続情報証明制度は法務局に戸除籍謄本等の束を提出し、併せて相続関係説明図(法定相続情報一覧図)を提出すれば、この法定相続情報一覧図が正しいことを法務局が証明してくれるところにあります。その後の相続手続は、法定相続情報一覧図の写しを利用いただくことで戸除籍謄本等の束を何度も出し直す必要がなくなります。

相続手続きは、通常土地の名義変更以外に預金や保険の解約等様々な手続きが必要となります。従来は、複数の窓口で同時に手続きを進めようとする場合、戸籍謄本等の束を相続手続きを行う官公庁や銀行等の窓口にいくつも用意する必要がありました。また、戸籍謄本等をいくつも準備するのが大変な場合、提出した原本を還付してもらうような手続きが必要となりますが、これにはある程度の日にちが必要となりますので提出する窓口が多い場合大変な労力と時間が必要となっていました。しかし、この制度を利用すればこの証明書だけ準備しておけばいいことになり大変便利になりました。

2.法定相続情報証明制度を利用するメリット

 

本制度により交付された法定相続情報一覧図の写しが,相続登記の申請手 続をはじめ,被相続人名義の預金の払戻し等,様々な相続手続に利用され ることで,相続手続に係る相続人・手続の担当部署双方の負担が軽減されます。

 

相続人が多かったり、不動産の相続、銀行、郵便局等の預金の解約など相続手続きの窓口が多い場合、戸籍謄本を手続きを進める窓口ごとに準備するとなると費用面もばかになりませんし、原本を返してもらうようにする場合でもある程度の時間が必要となりますので不便さがありますし、相続手続きの確認をする側の銀行等もこのような証明書があれば戸籍謄本をを一から確認する負担が減り、手続きがスムーズに進むことが予想され、結果として相続人の方にも早い段階で手続きが終わることが考えられますのでその点でもメリットがあるのではないかと考えられます。

 

 

3.法定相続情報証明制度の手続の流れ

(1)申出(法定相続人又は代理人)

① 戸除籍謄本等を収集

② 法定相続情報一覧図の作成

③申出書を記載し,上記①,②の書類を添付して申出

(2)確認・交付(登記所)

ア 登記官による確認,法定相続情報一覧図の保管

イ認証文付き法定相続情報一覧図の写しの交付, 戸除籍謄本等の返却

 提出された戸除籍謄本等に記載の情報に限る(放棄や遺産分割協議は対象外)

 (数次相続発生の場合,)一人の被相続人ごとの作成

(3)利用

 偽造防止措置を施した 専用紙で交付 

各種の相続手続への利用(戸籍の束の代わりに各種手続において 提出することが可能になります。) 

3.お問い合わせ

法定相続情報証明制度は、行政書士が申出人(相続人)の代理人として認められております。

複雑な戸籍を読み、一覧図の作成もいたします。

お気軽にお問い合わせください。

行政書士法人アドミンイノベーション(略称アドミン)

〒861-8005 熊本市北区龍田陳内3-3-55

☎096-288-0853 📠096-339-0521

申出をするためには、戸籍謄本や除籍謄本など、亡くなった方(被相続人)の戸籍書類を集める必要がありますが、すべて当法人が行いますのでご安心ください。

これによりあなたは戸籍謄本等の書類を集めるという面倒な作業から解放されるとともに、相続手続きに関する不安な面に対する相談相手になることができます。