サービス付き高齢者向け住宅って⁈


サービス付き高齢者向け住宅とは、主に民間事業者が運営するバリアフリー対応の賃貸住宅で「サ高住」「サ付き」とも呼ばれます。要介護高齢者が多く入居する有料老人ホームと異なり、主に自立(介護認定なし)あるいは軽度の要介護高齢者を受け入れています。日中は生活相談員が常駐し、入居者の安否確認や様々な生活支援サービスを受けることができます。介護が必要な場合は、訪問介護など外部の介護サービスと個別に契約が必要となります。

60歳以上、あるいは要介護認定を受けた60歳未満の方対象

サービス付き高齢者向け住宅では、60歳以上の高齢者、あるいは要介護認定を受けた60歳未満の方を対象にしており、多くは賃貸借契約となっています。

高齢者の居住の安定を確保することを目的としていることから、一般的な賃貸住宅のように高齢者であることを理由に入居を断られることはなく、契約の更新もありません。

建物はバリアフリー対応で、個室は原則として25㎡以上、廊下幅78㎝などの規定があり、運営会社は建設の際に、都道府県に申請し登録しています。

どんなサービスが受けられる?

サービス付き高齢者向け住宅で提供されるサービスは、常駐するスタッフによる「安否確認」と「生活相談」で、定期的に居室を訪問したり、居室内で起きた困りごとや、介護や生活全般の相談に対応します。

 スタッフは、医療・介護の有資格者で、少なくとも日中は常駐しサービスを提供します。スタッフがいない夜間などの時間帯は、緊急通報システムにより対応します。これ以外のサービスは、「一般型」と「介護型」で違いがあります。

「一般型」と「介護型」

サービス付き高齢者向け住宅には「一般型」と「介護型」の二種類があります。

一般型は、独居や夫婦2人暮らしで毎日の生活に不安を覚える自立~軽介護度の方に適しており、介護が必要になった場合は訪問介護など外部の在宅介護サービスを利用します。

上記の共通して受けられるサービス以外の、食事・掃除・洗濯のサポートなどの生活支援や入浴・食事・排泄などの介護、機能訓練指導員によるリハビリテーションなどのサービスは、「一般型」では入居者が必要に応じて外部の事業者を自分で選び、個別に契約して利用します。

「特定施設」の指定を受けている「介護型」は、介護付き有料老人ホーム同様にその施設のスタッフからサービスを受けることができます。

レクリエーションについては「介護型」は頻繁に行われますが、「一般型」はそれぞれで違い、活動ができる共有スペースがあるところはレクリエーションやサークル活動などが行われ、入居者はオプションで参加できます。

看取りに関しては、「介護型」で看護師が24時間常駐していれば対応可能です。

 


行政書士法人アドミンイノベーション(略称アドミン)

〒861-8005 熊本市北区龍田陳内3-3-55

☎096-288-0853 📠096-339-0521